やずや雑穀米は妊婦にもOK

やずやの雑穀米については、妊婦が食べるのがどうかという疑問の声は少なからず見受けられます。
のっけから結論を言えば、基本的にはOKで、むしろ継続的に食べるのがオススメということです。
やずやの雑穀米は、16種類もの雑穀を使うのがメリットで、栄養的に優れたものとなっています。
妊婦・胎児ともに体力作りに、毎日でも食べることを続けたいものです。
まず、穀類であるからして、エネルギー源となる炭水化物が豊富だということは基本事項で、動脈硬化を避けるポリフェノールに、心臓へのストレスを和らげるカリウムや、貧血を予防する鉄分などのミネラルが豊富だということもメリットに挙げられ、妊婦にとっても重要なポイントです。
精米した白米は、実質的にデンプンの塊ですが、やずやの雑穀米には、素材の栄養が殆ど丸ごと生かされているのです。
また、やずやの雑穀米は、食物繊維が豊富だということも重要ポイントです。
妊婦はとかく、便秘になりやすいものですが、食物繊維を十分に摂取することで、お通じにも良い影響があることでしょう。
また、満腹感が得られやすくなり、ストレスに対する体制も備わるようになり、出産までのつらい時期を、精神的に乗り切る大きな助けとなってくれます。
加えて、やずやの雑穀米は、16種類の雑穀のうち12種類は発芽処理を施しているので、ギャバ(GABA)やアラニンが豊富だということで優位な位置にあります。
こうした栄養豊富な雑穀は、いわば「総合サプリメント」です。実際にサプリメントに置き換えると何種類も必要になり、母子ともに影響が懸念されますが、1膳の雑穀ご飯程度なら日常の範囲内で、妊婦の強い味方となってくれます。

独自ドメイン